Federal AM864 ラック型 自作 その3と考察

Federal AM864

Federal AM864 ラック型 自作 その3と考察です

1VOLとスレショルドという名のどれだけ削るかのつまみ

(基本はいつも500k削りっぱなしなので無くても良いのですが、、)

 

ノイズも何も問題無くさっくりと完成しました

インプットはUTC O-28 (600:50k)

アウトプットはUTC A-24 (15k:600)

キャップはSANGAMO TYPE-33

 

中身はとてもシンプルですが素晴らしい音です

音のキャラクターはLA2AやBA6Aとは違い潰すのには向いてません

綺麗に広がる感じですがALTEC436ほど前に押し出す訳でもないです

ただただ綺麗に大きく、自然な感じです

限界まで押すと濁りでキャラクターがぼやけます

のでアウトプットのアッテネーターも今回は結局無し

電源ユニットがないと中身は笑える程すっからかんです

 

電源は外出しでダイオード整流、真空管整流、2種類繋げます

やっぱりダイオード整流の方の音が好きです

B+はコンサバな感じの値を入れました

アコギとかジャズマスターとかが良いかもかも知れません

REDD47が終わったらコンデンサマイクと試したいです

 

 

—–

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました