6SK7 > 6V6 PP 真空管リミッター 自作 その1

真空管 自作 コンプ
たまに突如発作的に物を作りたい気持ちになります
6SK7 > 6V6 PP 真空管リミッターを平日の夜に自作してみました
 
下はCollins 356E 真空管リミッター
下記はFederal AM864
この2つをくっつければ良いのではと思い続けてました
BA6Aからインターステージや増幅2段目を省いた
シンプルな制限増幅器で今の自分には十分では無いのか
ずっと気になってました
 
ネットを検索しても6SK7 > 6V6 PPって誰も作っていない様に思えます
6J7ならともかく普通は前段にわざわざ6K7系を選ばないです
 
VariMuを使うのなら6SK7の音が良いのですが
GroupDIYで過去の図面を探るも事例は無しです
 
音が気になります
そんな時は素直に作るのが吉かなとか思いつつ仕事を終え帰宅
 
なんとか家の在庫をかき集めると今有る材料で作れそうです
となるとさっさと作り始めます
インプットはUTC600:20K、アウトプットはEdcorで取り敢えず
電源ユニットはEDCORのXPWR112-100を使った
5Y3整流の電源ユニットを使用します
10時前には一応テストして音が出るところまで完成
ゲインノブボリューム無しで良いかなと思ってます
検波管は6AL5です、週末にでも接続してみます
現状の増幅器としての音はやはり素晴らしく良い歪みです
今の流行りではないですし50年以上前の音ですが
しかし自分が慣れ親しんだ音、欲しい音、使いたい音です
自分はビーム管でバリっとした音が好きな様です
 
残りは週末にでも
結構この実験は楽しかったです

—–

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました