6L7 1612の考察

未分類

6L71612について考察します

上記はWesternElectricのAMFM(フルレンジ)limiter。6SK7が使われている所に6L7が使用されています。最後段には6J5が使用されているPP。基本的にはBA6Aなどと同じタイプの6H6でスレッショルドとマイナスを作成しているのですがそれはCTとコントロールグリッドを直接マイナスに引き込んでいる様に見えます

こちらはGATES SA39。下部分の電圧調整部はおいておいて、それ以外は意外とストレートに見えます。VariMUには1612(6L7の高信頼管)が使われていますがこれも同じ6H6型でこちらは2つのコントロールグリッドへ直接マイナスをいれている様に思えます

そのほうが滑らかな動作を生むのでしょうか。不思議です。
そのうち作ってみて検証してみようかと思います

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました