Gibson EH-150 アンプ自作

真空管 自作 アンプ

Gibson EH-150 アンプを自作します

このアンプはこのライブで有名です

Charley Christian 1941 live at Minton’s Playhouse

配線図はこちら

息の長いアンプで幾つかのVersionがありますが

6c5とインターステージ有りのモノを使用します

 

6F5はなかなか無いので3結された6SJ7になりそうです

上側の3段増幅がマイク入力CH、真ん中がインストCH

 

インストCHは今回省略です、オリジナルのハイパス回路か1段目と2段目の間に真面目に簡単なトーン回路を入れるかも。インターステージの前か後ろにマスターVOLを入れるかもしれません

面倒になってそのままで行くかもしれません笑

 

Fender5E3が3台あるのでそのうちの1台を流用します

(下は今回分解された5E3。ヤフオクから多分元はWeberキット?)

順調にむき身にされて行く5E3。忍びないですが。。。

中身は完全に取外しPtoPで配線をやり直します

基本40年代にあった種類の真空管のみを使用する予定です

(上の写真は思いっきりGBとかGTを使ってますが。。。。)

6L6メタル管があれば良いのですがなかなか見つからないです

 

さすがにフィールドコイルスピーカーは今回は無しで

いつか挑戦したいですが。。。。

 

フィールドコイルスピーカー自作に興味ある方はこちらを

pandcampkit

 

—–

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました