Fender 5C5 tweed pro head 自作

真空管 自作 アンプ

久しぶりに楽器のアンプを作成中 (放置中)

そもそも電源トランスを間違えて購入
何かに使えないかと物色していたところ
そうだベース・アンプを作ろう!となった

その昔20年程前アメリカに住んでましたが
その時はベースを弾いていました

友人に今は有名になってしまったビルダー
現ビクトリアアンプのマークがおり(住んでたのシカゴだったし)
彼の直したStromberg-CarlsonのPAのHeadを一時期使っておりました

あれっぽいのを作るかなーとなりましたが
Stromberg-Carlsonは100wだったので却下
他のものを物色します

5U4G整流の中域ぬるっと感は欲しいかも、、
出来ればもう3極管使いたくないかも、、
PPであればドライブ管はどうでもいいや
KTまではいらんなー

自分用だから色付け易い回路がいいな
CAPはオイルでシグナル抵抗はStackpole使おう
トーンとかイラネ、シンプル一番

とかいろいろ考えて結局選んだのはFender回路
Fender Tweed Pro 5C5 採用


入力が2CH ですが要らないので片方をポイで
6SC7を1本使って増幅もう1本使ってフェイズインバード
6L6のPPに流し込む、超シンプルでわかりやすい

すごくラクそう!採用です、超採用

入れる箱は昔買ったジャンク無線機器の箱を流用
いい感じでちょうど良い大きさです

素敵な菅野のトランス(ヒーター6V, 5Vの2系統付!)が付いてたのですが、それはそれでいつかどこかで再利用することにします

大きさはまあ頑張れば手で運べないこともないレベルの大きさ

取り敢えず元々付いてたものを掃除して
沢山穴開いてたのでそれを利用しつつトランス配置

出力は6L6のPPなので超最大で35W程度の奴が必要
適当にFenderのBluesDeluxeリプレイスメントを採用
ココらへんは音出てみないとわからんのでサクッと決定
ベース用なので逆に歪んで欲しくないのでこんなもんかと

電源系とドライブ管周りを配線

ここで力尽きて放置中(笑)
今必要でなかったり、売りもんでないとモチベが、、、
まあそのうちに残りを作ります、、多分

—–

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました