RCA – DOUBLE – BUTTON MIC PRE (1937) 自作 その1

RCA - 1937 マイクプリ自作

RCA – DOUBLE – BUTTON MIC PRE (1937) 自作

1937年のRCA TUBE マニュアルから拾った古典管6c5を使ったマイクプリを作ります

マニュアル自体とその他配線例と関連する詳細情報はこちらです

 

RCA_RECEIVING_TUBE_MANUAL_1937 作例

マニュアル重いので作例のみこちらに置いて起きます

 

ダブルボタンの意味は不明ですが

今回使用の配線図は下記。恐ろしくシンプルです

 

 

マニュアルではB+は275V辺り指定(電源に依り抵抗値変更必要)

電源は6c5 はヒーターカレント 0.3A  プレートカレント 8mA なので

2本で0.6A /20mAもあれば良いです

FENDERのリバーブユニットの電源 GATF47609 ( Sec: 0-306V @27mA 6.3V @1A ギャレットオーディオで4900円程) とかが丁度良いです

 

丁度良い大きさと電源が無いので使ってない自作REDD47を解体

その箱に詰めてみます

 

インプットはUTC O-28 500(125):50K Ouncer

アウトプットはEdcor WSM 15k:600

あとは内部の配線のみです、今晩明日には終わりそうです

 

 

—–

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました