Collins 356E クローン

Collins 356E クローン

Collins 356E クローンを作ります
目的としては今現在世界で欠品中のSTALEVEL的な6V6プッシュプルのコンプを現在の材料で再生する為です。明るくて広い音のアンプを作ります。

初段は6N3P-Eを使います。非常に安価で音も優れておりVariMUの対応も可能で使い易い管だと思います。ロシア管の中では結構上等なラインで音も上等な音が出ています。明るい素直な良い音です。
結構色が暗いとか批評されていることが多いこのEタイプですが自分の設定だとバランスも良く十分明るく詳細も表現出来ていると感じました。

箱はいつもの箱を使います。ゲイン入力ノブとアウトプットに50dbの可変アッテネーターをつけています。基本はゲインは12時までしか上げれないと思って調整しています。非常に音がでかいです。アッテネーターも固定と可変の2段重ねで約40dbほど下げています。45dbほど上げてほぼ下げる為ノイズも非常に低いです。
ただ結構ゲインが高い為かゲインノブ12時程から発振ノイズが発生し始めます。スレッショルドは固定なので十分にヒットしますし今のDTM事情からすると12時まで上げることはあまり考えられないので大丈夫かと思えました。

今回後段に使ったのはGEの6V6。非常にパリッとした良い中域で、低域も素直にスッと前に出てきます。典型的な6V6PPの音ですがやはり良い音です。いくつもアンプを作って来られた方が最後には6V6PPに戻るというのもよく分かる明るく解像度の高い音です。
出力管のせいなのか出音もやはり低音域に非常に魅力があり分厚い音ですがそれを感じさせない自然さがあります。音の明るさも不自然ではないです。

リダクションを掛けると途端にかなり前に音が出てきます。後は音の集まりかたにも特徴があり押すと非常に近くに寄ってから焦点の合います。でも出音は自然で強烈で非常に好ましいアンプとなりました。

サウンドクラウドへ音源を上げています。
Dryが先でWetが後半部分です。

結構WETは押してます、WET聞いたあとにDryに戻るとやはり驚愕する明るさです
がしかしWetの音が結構押しているのにも関わらず自然です。良いデザインで良い真空管だと思います。検波はダイオードを使用しました、アタックもそれほど早くないです、リリースも長短の2つのモードしか付いておりません。コントロールする機能が少ないですが実際使ってみるとそれほど気にはなりませんでした。

基本どれだけ押すかどれだけ前に出していくのかというGAIN量ツマミを重点的にいじるアンプの様にに思えます。出来ることは少ないですがかなり強烈なキャラクターを持ったコンプの音で少なくとも自分はコレ以外この押しがある清潔な音を知りません。コスパもこれから10年真空管を補充し続けて使用することを考えると非常に良いアンプだと思います。

もう少し実験していきますが本来の明るく広いコンプを作りたいという目的は達成出来たかと思います

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました