Funkwerk MVT 4050 (EF12 プリ) 自作 その1

Funkwerk MVT

Funkwerk MVT 4050 (EF12 プリ) 自作 その1

頼まれたもので2chで作ります、配線図は下記

EF12は古いEU10PINの5極管EF13の内部接続されたタイプ。古いEF管は12,13ともに立ち上がりの速さと倍音の消え方に特徴のある不思議な管です

同時期のUS古典管の6J7や6C5と比べると派手さはないですが特殊な生々しさが有り、飾らない音で自分は非常に好きです。現代のプリのトラックとはあまりよく混ざらないので使い勝手が良いとは言えません

 

録れる音はこんな感じです

Telefunken v41 clone + ribbon
Tube, Tape, Thumb pick -

 

この管独特の音の特徴は1段増幅でも出るので録音などで使うとしたら1段増幅を数トラック分作ってDAW上で全トラックに掛けるのが良いかもと思います

 

今回はWEインダクターEQのゲイン補正の為LINEで2CHでとの事、取り敢えずいつもの箱で作成します、その後調整

EU10PINソケットはGarret Audioさんや真空管フロービズさんからまだ入手可能、球自体はEbayで2,000円ほど、良い音で安くて誰も見向きもしない管でしたが徐々値上がりしてきました。

古いEF管はすぐにカソードが焼き切れてしまうので特に直流点火の場合は注意が必要です、コンサバに6V前後まで落とすのが安心です

—–

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました