BA-2C booster 自作 制作

RCA BA-2C booster 自作

RCA BA-2C booster 自作 制作と感想です

ココらへんで考えていたバッファーアンプを作成しました

『BA-2C booster 自作 考察』
ブログ記事は下記の新規ブログに移動しました今後もよろしくお願い致します該当ページブログトップskのブログ 

5極管6SJ7を2段増幅使ったシンプルなシングルです

 

1.UTC A-21をインプットで200->500の昇圧をしたい

2.コンデンサで色を付けたい

3.出来ればカセットMTRからの取込時に使用したい

 

以上を目的に作成しました

インプットは一応200、500の切り替え付き200:500が好きですが

40db程上げれるはずなのでいつものSATLEVEL型アッテネーター付

使い勝手良く出口で10db程下げれます(ほぼ使わなかったですが。。。)

 

ラックの電源周りを作成するのは結構な手間なので

外側は余っていたALTEC436を分解再利用

アウトプットは古いシングルのUSA製

軍用っぽかったのですが意外と良い音なので採用

中身はシンプルなシングル回路の上に2本なのでほぼ空です

コンデンサは0.047が必要です

色々とテストした後バンブルビーになりました

ビンテージもこの値は安くてありがたいです

音的にはナローで柔らかな音に変えてくれます

 

現代の感覚だと要するに劣化となるのでしょうが

MIX時の違和感が取れた感じがします

特に歌からの”古い機材で昨日録りました”感は減りました

VitaQとかJupitor、Maloryや延々と3日ほどテストして

下記の日本製LILYもとても良かったのですが

バーン!とフルレンジで鳴るのでちょっと違うかなと

MIXまで行ってからやっぱ違うなぁと繰り返し

作成配線の時間よりシグナルコンデンサ交換作業時間の方が長かった

その様に感じます笑

 

いつでもどのトラックにも使える良い感じの定番機材になる予感がします

インプットが500:5k辺りなら良いマイクプリにもなりそうです

 

 

 

 

 

 

—–

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました