パッシブフィルターの考察のまとめ

パッシブ EQ フィルター

パッシブフィルターの考察のまとめ

 

良いかもとココらへんで考えていたEQ回路ですが
http://ameblo.jp/shokomiya/entry-12143298871.html
パッシブと思わせておいて実はプレートから伸びてる
(シホくんサンキュー!)のがちょっと気に掛かります

音が増幅回路に依存しそうでちょっと敬遠

あ。もし作りたい人は東光コンデンサでインダクター組み合わせて安く作れます

 

 

そのほかは無いのかと思って探すと
Western Electric 279A Program Equalizer

 

回路もなかなか良い感じで見事なパッシブ!

(追記>下記の文章がばっさりと抜けておりましたスミマセン)

日本で見つけるも売り切れ

その後見つけたEBAYの個体も競り負け状態

見た目も格好良いので高い!

 

少し諦めてフラフラとインダクターの番号などから

WESTERN ELECERICのまとめから探してみると

KS-16816というユニットを見つけました

 

マニュアルはこちら

http://etler.com/docs/BSP/320/320-150-100_I2.pdf

なかなか良さそうです

ヤフオクで一度見つけるも落札されてしまいました

もう一つ待つより自作した方が良いかもと思い

インダクターの251Aは捨て値でEbayから購入しました

唯一の問題はインプットの111

CDライントランスとして非常に人気なので

非常に高いし見つからない状態です。。。

代替を探さないと。。。

 

GroupDIYでも同じ様に悩んでいる方がいるようです、、

http://groupdiy.com/index.php?topic=24571.0

 

あとはこちらにもかなりの量のパッシブ回路

Classic Schematics
Gyraf Audio Obscure Schematics

 

こちらは第二候補 Pultec

意外にもEQのパートはパッシブです

いかにも60年代の音が出そうな増幅部分とも切り離し可能っぽい

 

回路図は下でインダクター有り

(ボケボケですみません。もうちょっとマシなのはWEBに転がっているかと。。。)

TRIADのトランスがインプットとインターステージに入ってますがスペックは下記
HS-56 600:600 (in  1-6 CT = 600 out 7 12 CT = 600)
HS-29  (PR1 20K or 5kΩ : SEC 80K , 1-4 CT = 20k, 5- 8 CT = 80k)

インダクタースペックはこちら(150mh,  82mh,  68mh,  47mh,  33mh,  27mh)

DONのDIYオーディオで4000円ほど
https://www.don-audio.com/G-Pultec-Inductor-22mH69mH169mH269mH

 

そうなるとPCB基盤とインダクタ、コンデンサ全部セットで買った方が良いかも

Classi PEQ Filter Caps & Accessories Kit, 49,95 €
This kit is good if you own a Classi PEQ PCB and do not want to search all caps together It consists of all caps, all resistors, pcb-connectors, wires (to

+インダクター

https://www.don-audio.com/Classi-PEQ-Filter-PCB-Passive-Equalizer

で約1万円程でフィルター部分は作成可能

ただPultecって昔からあまり好きでも無かったんだよなぁ。。。。

もしかするとその理由は増幅部分にあったのかも知れないし

悩みます。。。(そうこうしてる内にWE279Aのパーツが揃いそう笑)

 

まあ素直にクリスお勧めの下記のフィルターをBoosterアンプに仕込めは良いのかも知れませんが過去面倒になって放置してるのでフィルター回路だけでも作りたいかなと思ってます。。。。

 

フィルター部分だけ作って

前の投稿Boosterアンプと1対で使用

もしくはその他の制限増幅器も使用可能

ってのが最高ですが。。。。

パッシブの道のりは長そうです。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—–

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました