シグマ リミッター

自作でない機材

シグマの卓から抜かれたであろうリミッター
シグマ音響の方へ問い合わせると60年代後期との事

ハモンのSくんに電源加工して貰ってユニット化

フォトセルはモリリカで音は明るく暖かく太い感じです

反応に特徴があり”ゴットン”という感じで効き始めます
その為アタックが消えず歪み、グンと前に出ます

アタック遅いと使い難いといえばそうなのですが
調整する手間を払っても良いと思える音が出ます

音は一言で言えば昭和のテレビです、白黒歌番組的な音
キレイで上品で天井が広い、でも押そうと思えば押せます

2ch有るんですがマッチングしない為ステレオでは使えないです(惜しい!)
オペアンプをMUSEに交換したと思います—–

English Japanese
タイトルとURLをコピーしました